無料ホームページ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. トラックバック(-) |
  3. コメント(-)

2006-02-23

[スポーツ]
 ・トリノオリンピックスノーボードパラレル大回転女子

 今日は女子の方を。いつも思うのはスノーボードは男子から始めるので後の女子を見るとやっぱり違うなと感じます。

 日本の選手は竹内智香選手と家根谷依里選手が参加。竹内選手は予選を9位で通過。家根谷選手は予選落ち。
 しかし、武内選手は決勝の最初の試合で敗退。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/23(木) |
  2. トラックバック:0 |
  3. コメント:0

2006-02-22

[スポーツ]
 ・トリノオリンピックスノーボードパラレル大回転男子

 スノーボードのパラレル大回転を見ていました。ハーフパイプはアメリカが強いらしいですが、この手のアルペンはアメリカはそれほど強くないらしい。

 で、解説を聞きながら見ていたわけですが、スイスのショッホ兄弟が1,2。結局どちらが兄でどちらが弟か分からないままでしたが。

 タイムアタックではなくて先着を競う競技は面白い。
  1. 2006/02/22(水) |
  2. トラックバック:0 |
  3. コメント:0

2006-02-17

[スポーツ]
 ・トリノオリンピックスノーボードクロス女子

 今日もスノーボードクロスを観戦。男子と違いスタート直後のところを乗り切れない選手もいました。
 日本の藤森選手は15位で予選通過。

 決勝では4人で滑るのでやはり波乱発生。やっぱりこれは面白い。決勝戦は予選ダントツのリッカーがいましたが、転倒し、アメリカのジャコベリスが先頭を滑っていたらゴール前で転倒。その後から来ていたスイスのフリーデンが1位。
 男子の決勝と違って転倒があるすごいレースでした。


 藤森選手は最後を滑っていたのに2,3位がこけて抜いたので準決勝進出。しかし、セミファイナルでは他の選手が早く、転倒もなかったのでここで敗退。5-8位決定戦に回ることに。一人棄権して3人で滑りましたが、転倒に巻き込まれて7位に。お疲れ様でした。
  1. 2006/02/17(金) |
  2. トラックバック:0 |
  3. コメント:1

2006-02-16

[スポーツ]
 ・トリノオリンピックスノーボードクロス男子

 今回から正式競技になったスノーボードクロスを見ていました。予選は一人ずつ滑っていましたが、以降は4人いっせいに滑るということでしょっぱなに予選1位の選手が転倒して終わり。その後も解説を聞くと実力者と目される人が消える波乱の展開。
 やっぱり4人で滑ると面白くなりました。ショートトラックのように前がこけたら上位にいけるという展開が面白い。

 で、日本の千村選手は決勝1回戦を突破。でもその次は転倒してしまい敗退。解説を聞くとそれでも16位になったということはすごいことらしいです。

 決勝もすごい接戦。チェコのジーデックとアメリカのウェスコットが1,2を争って、ウェスコットが金、ジーデックが銀でした。
 スノーボードはアメリカが強いというだけあってさすが。
  1. 2006/02/16(木) |
  2. トラックバック:0 |
  3. コメント:0

2006-02-13

[スポーツ]
 ・トリノオリンピックスノーボードハーフパイプ女子

 今日はハーフパイプ女子。日本人選手は1回目に中島志保が5位で予選通過。山岡聡子、伏見知何子、今井メロは2回目に。
 今井メロは2回目も大技に挑戦したが失敗し転倒して予選落ち。しかし、山岡聡子、伏見知何子は堅実に行って予選通過。

 決勝はアメリカの独断場。予選1,2,3位で抜けたハンナ・ティター、グレッチェン・ブライラー、ケリークラークが1回目を終わって1,2,3位。
 2回目はノルウェーのバースが42.0を出してその時点で2位に。その次のケリーが転倒したのでバースのメダルが確定。グレッチェンもティッターを交わせず2位に。
 結局ティター、グレッチェン、バースで123。

 

 やはりアメリカの選手のレベルは高いですね。メディアが持ち上げていたようだった日本の選手とは格が違うように感じました。
  1. 2006/02/13(月) |
  2. トラックバック:0 |
  3. コメント:0

2006-02-12

[スポーツ]
 ・トリノオリンピックスノーボードハーフパイプ男子

 予選で日本人選手全員落ちましたが、アメリカの選手はすごかったです。特に1回目の予選では落ちてしまったショーン・ホワイトは2回目すごかった。日本の選手とはレベルが違うと思いました。
 日本人選手のコメントが出ていますが、「米国勢とか予選のレベルはそれほどではないと思ったので」って言われても、予選で本気を出すまでもないってことじゃないのかと。

 で、ショーン・ホワイトは決勝1回目でもいきなり46.8をたたき出す。後続にプレッシャーをかける作戦でしょう。その結果、後の選手でミスをする選手がいて、1回目終わった時点でホワイトが2位に5点以上はなして1位。
 2回目もショーン・ホワイトの前に彼を上回る選手がでず金メダル決定。2位もアメリカのダニエル・カース、3位はフィンランドのマルク・コスキ。
 2回目のショーン・ホワイトは遊びましたが、やっぱりすごかったです。日本の採点にも笑いましたが。
  1. 2006/02/12(日) |
  2. トラックバック:0 |
  3. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。